行政書士になるために必要な資格

行政書士になるには「行政書士試験」に合格することが大前提となります。その後、お住まいの地域にある行政書士会に登録することで「行政書士」として仕事ができるようになります。

通信講座と専門学校それぞれの魅力を比較

切磋琢磨しながら学べる専門学校

通学式の専門学校は「6割正答で合格」できる力を養います。年齢層は異なりますが、行政書士試験に合格したい仲間と一緒に切磋琢磨できるメリットがあります。講義の質も良く、理解度が高まります。

自分のペースで学べる通信講座

自分の時間を使って自宅学習ができる魅力があります。受講時期に合わせた学習スケジュールが届くので、それに沿って勉強を重ねることができます。子育て中の主婦や転職を狙ったサラリーマンにおすすめです。

行政書士として活躍する方法

個人事務所開業ができます

行政書士として登録した後は、個人事務所を開設することができます。相談業務の他、顧客からの依頼に応じた行政手続きの代行などを行います。事務所の所長として事業を遂行し利益を求めていきます。

行政書士法人を立ち上げることができます

2名以上の行政書士が集まれば行政書士法人を立ち上げることができます。行政書士の資格保持者がそれぞれの得意分野を持ち寄ることで、業務の幅を広げられるメリットが生まれます。

司法書士や社労士等の資格を並行して取得しましょう

行政書士ができることには限りがあります。制約を解消するために行政書士が司法書士や社労士等の資格を取得し個人事務所で手広く業務を請け負うことも一案です。特に登記業務ができる司法書士との組み合わせがお勧めです。

会社などに就職することができません

行政書士は会社勤めとの兼業が禁じられています。そのため、会社に在籍して「行政書士業務」に携わると行政書士法に触れてしまいます。行政書士は独立開業系の業務ですので、注意しましょう。

[PR]行政書士の解答速報を見よう!
人気の通信講座の情報が満載☆

[PR]行政書士試験合格のために通信講座を利用
役立つ情報を多数公開♪

行政書士通信講座の学べる内容とその魅力について

レディ

行政書士通信講座での勉強内容

行政書士通信講座では、法律に関する基本的な考え方から、これまでの判例に照らし合わせた法律の解釈の方法を中心に学びます。また一般知識を問う時事問題やこの1年間で制定・施行された新法などもチェックしていきます。特に、「権利と義務」に関する内容や「相続」に関する内容は丁寧に解説されている通信講座が多く、行政書士試験でも出題頻度の高さがうかがえます。
この他、筆記問題に対する解答テクニックを学べるなど盛りだくさんの内容がカリキュラムに組み込まれています。

解答速報を得られると有利な理由

通信講座では受講者を対象に11月の行政書士試験終了後に解答速報を発送しています。これによって自己採点をすることで、合否を事前に判定することができます。筆記試験に関しては模範解答が示されていますので、不合格の場合でも次の試験に反映させることができます。また解答速報には前年度までの出題傾向との比較などの解説も掲載されています。例年並みの試験だったのか、今年度は出題傾向が様変わりしているのかなども知ることができます。

広告募集中