行政書士通信講座の申込をしよう!~受講の流れをチェック~

行政書士通信講座の申込をしよう!~受講の流れをチェック~

婦人

通信講座の受講の流れ

行政書士の通信講座を受講する場合は、自分が受講すべき講座を選ぶことから始まります。資料請求などを経て比較検討をしていきましょう。受講講座が決まった場合は、電話やweb郵送などで申し込みを行います。通信講座側による、電話やメールなどで所在確認を行った後テキストがお手元に届きます。お手元にテキスト類が届いたら受講開始です。

通信講座にかかる費用と期間

通信講座にかかる費用は受講費用の他、添削レポートを発送する郵送料がかかります。通信教育の場合の郵送料は15円で、レポートの発送回数分の切手代を準備しましょう。通信講座の受講費用は初心者向けのもので3万~6万程度が相場です。一般的に6ヶ月~10ヶ月ほどの受講期間を目安にすると万全の態勢で行政書士試験に臨めます。

行政書士通信講座に関するQ&A

費用は一括払いなのでしょうか?

行政書士の通信講座では3~6万円の受講費用がかかります。多くの講座では一括払いのほか、最長18回までの分割払いができるので安心して受講して下さい。月々3千円台の支払いから受講可能です。

もし合格できなかったら?

難易度が若干高めの試験ですので、不合格になる方も当然いらっしゃいます。その場合は受講期間を次回の行政書士試験の受験日まで延長する措置を取ってくれる講座もありますので事前に確認すると安心です。

勉強の予定が立てられないのですが、どうしたらよいでしょうか?

通信講座のデメリットとして勉強の予定が立てられないという点が挙げられますが、受講時間に応じて通信講座側からスケジュール表が提示されますので、これに沿って学習を進めていくとよいでしょう。

分からないところはフォローしてくれますか?

もちろん、電子メールなどを利用して質問をすることができます。ただし、レスポンスに時間がかかる場合や見当違いの回答が届く場合もあります。フォローが手厚いのは魅力ですが、テキストそのものの内容が理解できない場合は、通信講座が向かないかもしれません。

テキストは多い方がいいですか?

行政書士試験の範囲に関して細やかに理解するためには、どうしてもテキストが多くなります。ただし、内容が分かりにくい・余分なイラストや漫画解説ばかりのテキストは検討から除外することも一案です。

将来性がある!行政書士のこれからについて

行政書士は「身近な法律家」として活躍できる存在です。このところ注目されている遺言書の問題や家庭内の相続問題、農業の土地問題・建設業に関わる手続き・会社立ち上げ手続きなど多岐にわたって手続きを引き受けることができます。将来性が高いので注目な資格です。

広告募集中